まさかのま。

出戻りメンヘラのハイテンション生態記録。

何気ない"いつも"が一番楽しいのかもしれない

本日のBGMはネバヤンの明るい未来。

明るい未来

明るい未来

おばんです。

書いてから思ったけど、これすんごい長い!

今日長いです!ご容赦ください!しかもくだらない!

 

今日は実に4日ぶりですかね、お外に出ました!

わーい!釈放!

 

とはいえ昨日奴からラインでなんと私に救援物資を持ってきてくれた時既に喉に痛みがあったそうで、昨日はちょっと熱出て休んでいたようです。

 

……

 

私か!

原因私か!

うつっちゃったじゃん!

どうしてくれんの!

てかどうすんのよ私!

 

と昨日はアセアセしながらもし救援物資頼まれたら今度は私がお返しにお粥というかおじや的なの作ってあげよかな、とかレシピを漁りまくり、奴にははよ寝や〜と言い、私が行った病院のこと聞かれたので名前と電話番号と診療時間を送っておきました。

 

さて。

本日はとりあえず別キャンパスには行けないとして、まだ頭痛が何と無く残ってたのですがとりあえず学校行って書類の修正をしないといけなかったのでふらふらとマスクつけてメガネのまま出かけました。

ま、ま、眩しい…!これが外界…!そして暑い…!

と思って家出て1秒で速攻戻りヒートテックを脱ぎ捨てる。

(まだ着てたんかい)

顔は死んでるけど心は生きてるよ、よろしく!と思いながら、まあ一応ゼミの曜日なので。

午前とりあえず書類の修正をしてなんとかなり、提出までして完了。

ふう、これで私の今日の目標達成、帰りたいが昨日の教授のメールで是非展覧会のお手伝いと書かれてたしそう簡単には帰れないかね…と思いながら同期とお昼を買いに行きました。

したらばいつものパートさん、一昨日奴が来た時元気そうだったけど…と言っていたのでこれはもう完全に私のせいやーんとなって沈黙。

パートさんにはお大事にね、と言われ、ど、どうも…とファミマを後にして研究室に戻ったらお昼の途中で教授が来て、同期とミーティング。

その後その再提出した書類のことでお話しに行ったらどうしたの、顔が死んでるわ!と言われ、週の頭から高熱出しましてとちょっと説明したら、なんと

「なんで学校来たのよ〜」

という衝撃の一言。

あ、はい、すんません…でも書類の提出期限が謎に月曜から明日になってしまったので今日やらざるを得んかったのですよ…

 

とりあえず作業は免除で早退、来週はお手伝いするのでと同期にも断ってから荷物を纏めていたら、奴からおはよラインが来たのですが、どうやら熱は下がっている模様で病院行かなくても大丈夫そう、とのこと。

まあ、何よりと思い返信して家路についていたわけですが。

ですが。

なんでこの徒歩15分くらいの通学路で突然雷雨に見舞われなければならないんでしょうか!

とりあえず今日トレーナー着てるしフードフード…と思ったらこれトレーナーじゃん!パーカーじゃない!ということに気付いて絶望。

しかし傘もない。

しかも丁度学校と家の中間地点、つまり奴の家のほぼ真ん前。

ぎえええええ…

頭痛いから走れないしなんで〜と思いながら、どんどんダルメシアン柄になっていくデニムを見ながら早足でとりあえずコンビニに避難。

(自宅の横、後少し頑張れよ自分…)

 

いや、もうそれどころでない土砂降りで髪から水を滴らせるのも本当に久しぶりでした。

そこでもう夜ご飯も買ってしまえと思い、切らしていたお茶とティッシュとか、日用品も一緒に買い込んでから折角だしアイス食べた〜いとなってダッツの棚見てたら、なんと3ヶ月ほど前西友からパッタリ消えて奴を意気消沈させたあの珈琲バニラがあるではないか!

え!え!え!本物ですか!?

思わず二度見どころか三度見くらいして二つ購入。

これはもう買うしかない。

そして奴に報告。

奴、歓喜

我、嬉しい…。

 

治ったら一緒に食べよーなんて言ってたんだけれどまさかその治ったらが3時間後になるとは思ってもいませんでしたよ…。

とりあえず今日私はメガネでマスクのモブキャラを全面に押し出しているので、ご了承くだされ、と事前に伝えてアイスを持って奴宅へ。

ていうか奴のアパートの前の交差点に向かってる時になんか見慣れた部屋着着た巨人がゴミ捨ててるのが見えたんですけど貴方、そんなにピンピンしてたんですか…

私、死ぬほど心配したんだけど…お粥作るシュミレーションまでして変に構えてたんだけど、アンタ、スーパーマン並みの治癒力かよ…

 

とまあツッコミたいのはやまやまなのですが進まないのでサクサク行きます。

奴宅でアイスを食し、ほほーとなっていたのですが奴にまた、俺は喉が痛くなった時点で対処していた…と半ドヤ顔で言われ、私はなぜこんなに4日くらいかけて1週間の授業をおじゃんにしたものをこうも簡単に治癒してるのかよくわからない、理解できん。

だが凄い事はわかった。

色々話してて色々遊んでたらいつの間にか9時ですよ、びっくりです。

あ、奴の家の時計は以前書きましたが6時45分15秒で止まってるので外界との時間に時差が生まれる仕組みになっているんですね。

 

で、とりあえず飯。

久しぶりにご飯だね、といつものファミレス行ったんですけどmktsが誘ってくれないからって誘えるわけがないでしょう!

私38度出してたんですよ、ねえ!

とツッコミながら反論。

それはともかく食後のお会計で事件です。

いや、事件というそんな大層なものじゃないんだけど、伝票を見て奴はドリンクバー抜きの値段だけを私に言ったので、私は素直に奢られてやったーとか喜べるような可愛い女の子ではないので、

「いや、それは違うね…ドリンクバーの値段が抜けている、プラス220円よって610円ですね、はいダウト」

というわけで小銭がなかったので1000円札と10円を出したのですが、

「510円だろ」

「え?610円」

「…あ、610円だわ」

となって400円のお釣りをくれたのですが。

 

100円玉×2

50円玉×2

10円玉×10

 

という謎のお釣りをされ、10円玉を手に乗せた瞬間笑いの呪いに取り憑かれまして、なんかよくわかんないけど10円玉10枚をこう、ザーッと手の上に並べたのが先日のデートで見たダイオウグソクムシ的な節足動物に見えてきて爆笑。

「この10円何?」

「いや、100円玉なくて…」

「10円が…じゅ、じゅ、10枚…っへへ…ふふ…」

みたいになってしまってもう収集がつかない。

よくわからんが私はとりあえず何もかもがおかしかった。

「50円玉、2枚…ふへへ…ふ、ふふっ…はは…」

これには流石に奴もびっくりドンキーですね。

とりあえず最後まで笑いが止まんなくて仕方なくて、レジでは奴に1円玉を渡したのですが、お店出てから再び爆笑。

「10円玉いっぱいあるのに…1円玉、持ってないの…あは、あはは…」

この呪われっぷりです。

もう自分で怖いです。

 

もう箸が転げてもおかしい状態。

「ねー、何か言ってみて、絶対面白いから」

と奴を煽り、自宅近くで奴が

「今日もちゃんと早めに寝るんだよ」とまともなことを言ってくださったのに

「…ふ、ふふ、へはは…あは…」この始末。

最早キモい。

その挙句、「え?今なんて言った?」ですからね、もう奴も呆れ果ててました。

そんな面白いこと言ってない。

そしてついに

「ねえ、今日どうしたの、今日奴めっちゃ面白いんだけど

いや、いつも面白いけど今日特に面白い、どしたの〜」

と奴のせいにするという暴挙。

 

ようやく落ち着いてきたのですが、別れ際、ふと道を歩いていたおじさんが蛍光色のタンクトップを着ていてなぜかまたツボに入る。

「走ってたりしたんじゃないの?」

という奴に、でも下は普通のジーパンだったの、と言ったら奴も流石に笑いました。

もうなんなんだろうね、この笑いの呪い。

奴をその場で見送ってたらちょうど買い物を終えたおじさんがコンビニから出てきたのでいつもは振り返らない奴も流石に振り返って彼をみてしまっていた…

おじさんごめんね…

 

明日は病院、明後日は実習、明々後日は告別式なのでこの週末は都心にアクセスのいい実家に泊まります。

ちょうど今父ちゃんも一時帰国してるので。

 

こうやって普通に夜ご飯しただけでこんなにおかしくて、こんなに笑ったのも久しぶりで、私の変なツボも流してくれる奴がすごすぎる。

そんな奴もなかなかの曲者なので就活の面接の面白話を聞かせてくれたのですが、実に奴らしくて笑ってしまった。

いつも笑わせてくれてありがとう。

お笑い番組も一緒に見るけど、一緒にいるだけでこんなに楽しい。

いつもありがとう。

ねえ、なんでこんなに長くなったの?笑

 

今週のお題「あの人へラブレター」

 

 

 

mkts

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ