まさかのま。

出戻りメンヘラのハイテンション生態記録。

物事の急展開とは程遠く。

(21:22加筆)

本日のBGMはART SCHOOLのあと10秒で。

 

眠い…、、

バイトです。

今朝企業さんから追加のちょっとした補足メールをいただいて、調査の方は続行中ですとの連絡。

ありがとうございます。

 

とりあえず再来週のプレゼンの準備をしていたわけですが終わらない…。

今日はとりあえず少しだけ進めて3限出て煙草吸ってバイトへ向かう。

リポD流し込んで。

 

こっから先はメンヘラな話になるので。ワンクッション。

惚気とはまた違う私的私たちの関係性について言っておくだけのメモ。

 

 

 

昨日は向こうが自分の我儘だと言って電話した結果、1時間寝落ちされたので私がずっと無視されてんのかと思って喋り続けました。

疲れてるのはわかってるから寝てくれよ。

まあ、今日からの方がもっと忙しくなるから電話する時間ないからしてしまったとのことなので良しとするけど。

途中で1時間放置プレイ…苦笑

もうなんでもいいやー。

全然怒ってないです。

 

実際に私の周りで1週間で別れたカップルがいたのでまさかと思って怖くなっただけです。

まあ彼もほどほどのメンヘラなので昨日は私が泣いた後で説教したら奴が泣きました。

男としてのプライドがあるようにこっちにも年上のプライドがあるんだからな。

なんとなく気持ちの再確認をして落ち着いたし、なんとなく自分の前ではちょっとだけ弱みを出してくれた気がしたのでいいです。

人間みんなどっかメンヘラだよ。

しかし生い立ちを察するに奴には愛が足りなすぎる。

そんな人生だったと吐き捨てた。

私だって、11歳までは楽しかったよ、世の中の何もかも知らずに。

私を捻じ曲げたあの年からどっかがおかしくなった。

 

いつ死んでも良かった。

私は一昨日死んでもいいとさえ思った。

私たちは今日まで生き延びていて良かったと思う。

それでも前に進む動機ができた。

勝手に死なないように約束はした。

だけど共依存するつもりは毛頭ない。

たまには私は奴のケツ引っ叩いてやるつもりだ。

私の中身を、考えていることを理解していたのは境遇が似ていたから。

だけど所詮は他人なのです。

2人の世界を作ることとずるずると共依存することは違う。

だから私は全部口に出して言葉を言ってやる。

 

ちゃんとフィルム写真を撮り始めた。

遺書になってもいいように。

お互い写真を撮るのは好きだし。

データ化して見せびらかすための写真ではなく、現像して2人で温めてしまっておく遺書のようなものになるように。

いいよ、世間からメンヘラと言われても。

 

だから今日も私は学校に行って、バイトして、疲れたってラインしてくだらない写真を送りつける。

少しずつ沼から抜け出せばいい。

まだスタート地点に立ったばかりだよ、焦ることはない。

 

  

mkts

 

 

昨日は電話して、なんか色々考えさせられた気分になった。

メンヘラでごめんて言われたよ。

私はそれはおかしいんじゃないかと思う。

そんなの知ってるし、メンヘラだから謝るの?え?ってなったよ。

そんなの関係ないじゃん、と思うよ。

謝られても困るし、そんなの全部引っくるめてのお前じゃないか。

そんなの知った上で付き合ってるんだ、文句は言わせん、謝らせん。

あ、勿論たまにはケツ引っ叩くようにはする。

私たちはそんなんでいいんじゃないかな。

 

世間一般のカップルに見られるように見えてていいよ。

複雑だけど、結局のところ2人でそれで納得してるんだしそこまで甘ったるい関係ではないんだなと思ったよ。

人間て難しい。

 

 

.