まさかのま。

出戻りメンヘラのハイテンション生態記録。

ありがとうは何度でも言いたい。

本日のBGMはNulbarichのSMILE。

SMILE

SMILE

  • Nulbarich
  • ロック
  • ¥250

 

2ヶ月ですね。

よく記念日を祝うのが面倒だという男性が多数だと聞きます。

どうなんでしょう…。

いや、むしろ記念日の話切り出してきたの向こうだし、私は奴が今日ゼミの後に研究室の人とごはんする可能性もあるだろうと、それは想定の範囲だし明日出かけるしっていうスタンスだったんだけど。

まあ、結局その場の流れだねという結論。

 

今日は本キャンパスに行ってきました。

久しぶりですね。

履修相談も丁寧にしていただいたのですが、あと3科目くらい代用の効かない科目があって足りないみたいです。

この野郎…私が入学した後に教育法が変わってしまったのでカリキュラムが変わっちゃったからなんだけど。

大体の時間割もわかったし院生が学部の授業とる手続きだったり色々教えていただきました。

そしたら担当の方が異動になるらしく後任の方を紹介してくださいました。

ありがてえ…。

 

そのあとサークルのところにいったけど誰もいなかった。

あとはデカい大學食堂覗いたり、久しぶりに仏文にご挨拶しにいったらまさかのお世話になってる教授にお会いできて嬉しかったです。

あと学生室にもお邪魔してフランス人と久しぶりに喋りました…。

ネイティブの方はやっぱり少し早いけど、聞き取れないわけじゃない。

昔なんかよりもちゃんと会話が成立してた。

ていうかフランスの学生達やさしすぎ。

ありがてえ〜。

 

フラ語もっと頑張ろ〜とか思って今研究室戻るバスです。

帰路〜。

 

今夜は1人飯にしろお向かいの研究室と食べるにしろ奴とケーキくらい食べるかもしれないので今日は早めにブログ更新しちゃいました、すみません。

f:id:mekotasu:20180119123830j:image

音楽もわたしたちを繋いだ目に見えない糸のような要素の一つだったのかもしれない。
誰もいないここで、放り出されたフェンダーのアンプを体に繋いで心音を増幅したい。

そしてそれを聞いてもらいたい。

死にたいと思ってた私がちゃんと生きてること、私が早く減薬したいとか治したいとか、そう思えるようになったきっかけの一つでもあるんだよ。

ありがとう。

 

 

 

mkts