まさかのま。

出戻りメンヘラのハイテンション生態記録。

上昇気流に乗り切れず墜落するパターン

本日のBGMはバンプの記念撮影。

記念撮影

記念撮影

  • provided courtesy of iTunes

昨日は午後研究室に来るリサーチアシスタント(RA)のお兄さんと喫煙所で進路の話とか、論文の話をしてました。

彼は美大なので私がやりたい分野の基礎知識量がまず全然違います。

それから学校情報も聞き出して。

私がやりたいことをうまくこうしてこうするとなんか面白いんじゃないか的なことを言っていただけて、ちょっと元気になりました。

というか来週の進捗報告がやばいだけです。

 

5限の後同期とご飯に行ってきて、入学当時と全く変わらない3人でした。

(顔も幼さも)

しかしまあ帰りに久しぶりに軽い痴漢に遭いまして。

何年振りだろう、この手口…。

痴漢てのは立ってる時だけにするんじゃないんですよね。

座ってようがしてきます、タチ悪いっすね。

ガラガラの座席で私の隣にわざわざ座ってきたかと思うとちょっと体を傾けてきたので、寝てんのかと思ったらそうでもないらしい。

さて。これはもしや、と思ってどうしようか考えていたら足を触られまして。

本当に痴漢だったか…と思ってどうしようどうしようとなって、とりあえず席を離れる事にしました。

そしたら少ししてその痴漢も立ち上がって、私を睨みつけてから号車を変えて去って行きました。

 

正直このタイプの座ってる時の痴漢は2、3回目なのですが、今回はちょっと流石にビビりましたね。

今までの痴漢はすぐにその駅で降りてたのですが、今回のは号車を変えただけなのでまだ電車内に留まっているわけで、私は終点までだったしそこまで乗っている可能性もあったわけで。

長い溜息を吐き出したいと思ってちょっと遅めに終点で降りて、でもそれで待ち伏せとかストーカーされても嫌だし…と思って様子を伺いながら改札に向かったら痴漢は丁度入れ替わりで反対側のホームの方へ降りて行ったので、ストーカーされてないのを何回も確認してから改札出て速攻家帰りました。

あれは結構常習犯だな…と感じましたね、、

 

さてどうしよう。

奴にラインをしようかすごく悩みまして。

というのもインターンも佳境に入り今日は徹夜作業だから云々言われてたし作業の邪魔はしたくなかったし。

でもなんかこのもやもやというか、一応彼氏にくらい報告しとくべきか、いや、迷惑か…とかなり悩みまして。

今までは一人で消化してたからいいんだけど。

まあ、とりあえず今日インターン終わってホテル戻ったら電話するかもと予告があったので、その時にちょっとなんか適当に言いにくい事だけど話があるから聞いてもらえたら程度に私も予告しておきました。

多分今日の方が私も頭の整理がつくだろうと思っていて。

いや、どう対処すれば良かったんだろうと思って。

地味に今回は怖かったですね。

今までと違って年齢層も若め、下手に抵抗したら逆ギレされるんじゃないかとか。

 

そしたら「え、別れ話!?」なんて返信がきたので苦笑。

んなわけあるか、馬鹿野郎笑

 

まあ、なんとかなると言い聞かせて昨日は寝ました。

あれですかね、彼氏がインターン頑張ってる間に華金ならぬ華木をしていたバチでも当たったんでしょうかね…

まあ、ね、人生こういう事もあるよね。

楽しかった飲み会が完全に撃沈に変わりました。

溜息しか出てこないわ。

 

今日も今日とて研究室です。

独り占めしてるので作業頑張ります。

 

 

 

mkts