まさかのま。

出戻りメンヘラのハイテンション生態記録。

家にあるのはカップ焼きそば付属のマヨネーズ

本日のBGMはやくしまるえつこのヒゲちゃん。

 

映画館を出たら地面が濡れていた。

どうやら一雨来たらしい。

傘の嫌いな私にとってはとんでもなくラッキーなことで、それはそれは静かな昼下がりだった。

音楽映画にしては珍しい物静かな生活音だけが残るクソみたいにシンプルなエンドロール、スタッフには友達の名前、耳に残るのは最後まで温められたせいちゃんの飾りっ気のない素朴な歌。

そうして夢から戻ってきた私はとっても、お腹が空いていたんだと思った。

ごはんに対して、生活に対して、人間関係において、言うなれば世界に対してお腹が空いて空いてガツガツし過ぎていたのかもしれない。

そうした所でどうにもならないのはわかっている。

焦った所で100%転ぶ私は、しっかりとその濡れたアスファルトを踏み締めてサブウェイに行って、大盛りにしてもらった野菜を食べて心も満たしたよ。

f:id:mekotasu:20171114140851j:image

 

寒い。

とにかく夜が寒い。

久しぶりの映画も、ああ、映画だなあと思って現実に戻ってくる瞬間がたまらなく切なくなる。

今日がたまたまレディースデーでたまたまバイト前に時間があって、たまたま授業が休講だったのはすごいと思う。

これもまた巡り合わせのようなものなんだろうね。

世界って不思議だなあといつも思う。

 

そんなふわふわしたままバイトに向かう。

今日はいつもより1時間早く着きそうだから1時間早く帰れるだろうか。

今日は余ったスパゲッティを茹でよう。

じゃがりこのサラダは明日の昼にでも食べよう。

考え事のし過ぎで困った。

とにかくバイトして体動かして忘れよう、色々。

そしたら明日も朝起きれると思う。

 

バイトなのに眼鏡で来てしまったあたり、まず今日は朝からふわふわしてたんだろうね。

ソラナックス流し込んで電車で向かう。

久しぶりに平日に来た皺寄せかもしれないから今日はとことんふわふわして、自由にやります。

バイト行ってきます。

 

 

 

mkts