まさかのま。

出戻りメンヘラのハイテンション生態記録。

エーテルに飛び込め。


エーテル。Æther.
不思議な響きだよね。
リリィシュシュのすべてを思い出す。
今日、大学行く途中の電車で読んでた横たわって本にもたまたま出てきた。
この宇宙には満ちているんだって。
目に見えないくせに、満ち溢れてる。
こう、前のめりになるだけで、溺れられそうだね。
ざぶん、て。

今日はなんとなく元気だよ。
朝の4時に二度目の中途覚醒をしてから寝られず8時までなんとなく寝たのか寝てないのかわからない時間を過ごしただけ。

水曜日にとんでもないプレッシャーを感じているのは自分でもよくわかってる。
でも、プレッシャーをかけすぎてるとも言える。
冷静に分析することももう慣れた。
わかっていても、それでも私は水曜日に過剰なプレッシャーをかける。
かけざるをえない。
そして同時に木曜日にも。

考えすぎると、頭が疲れる。
案ずるより産むが易しという言葉がいかに私とって必要なのかを思い知らされる。
そんな経験山ほどしてきた。
それでも私は過剰なまでに心配をして、過剰なまでに考えすぎる。
そして呆気ない終わりに、魂を抜かれるように呆然とするのだ。

なんてことない日常に気を張るのもいい加減にしろと。
自分を叱咤するのは勝手。
でも自分を激励したことはあるのかい?
なんのために叱咤激励がワンセットで四字熟語になってるのか、私はもう少し考える必要がある。

体に勝手にぶつかる見えないエーテルを取り込み、勝手に私の体はエーテルを放出する。
エーテルに囲まれた世界。

あなたの声が聞こえるのも、エーテルのおかげ。
あの月を見られるのも、エーテルのおかげ。
あの空に夢を馳せるのは、エーテルのせい。

飲み込まれれば、エーテルになれば、私がエーテルになれるなら。

ああ。
死にたい。
エーテルに飛び込め。
ざぶん、と。




mkts